トップへ » 治療について » 一般歯科 » 歯を削る・削らないについて

歯を削る・削らないについて

一般歯科一昔前の虫歯治療は、歯を大きく削って薬を詰める治療が主流でしたが、最近では、できるだけ歯を削らない治療が増えています。もちろん当院でも、できるだけ削らない治療を心がけています。

とはいえ、虫歯の大きさや深さによっては、必ずしも削る量を抑えることがベストとは限りません。残しておくことで神経や根などにダメージを与える恐れがあるときは、やむを得ず大きく削らなければならないこともあります。患者さんに歯を削るメリット・デメリットをきちんと説明し、同意を得た上で、歯を削ります。



トップへ » 治療について » 一般歯科 » 歯を削る・削らないについて


PAGE TOP