トップへ » 治療について » 子どものための予防歯科 » 乳歯が生えてきたときが、定期検診の始まり

乳歯が生えてきたときが、定期検診の始まり

小児歯科お子さんの乳歯は、とても軟らかくてデリケートです。少し油断しただけで、すぐに虫歯になってしまいます。お子さんの歯を虫歯から守るためにも、乳歯が生えてきた時期に、歯の定期検診を受診することをおすすめします。

お子さんのお口の状態によって、1ヶ月から3ヶ月に一度、定期的にお口の中の状態をチェックすることで、口腔内の衛生環境が保たれ、確実なむし歯の予防につながります。

定期検診では
定期検診では、お口の中の状態を定期的に観察し、お子さんのリスクに対応した予防方法をご提案します。
必要に応じて、正しい歯みがき法が身につく歯みがき指導や、歯質を強化するフッ素塗布をするなど、虫歯になりにくい環境を整えますので、ぜひ、受診されることをおすすめします。



トップへ » 治療について » 子どものための予防歯科 » 乳歯が生えてきたときが、定期検診の始まり


PAGE TOP