トップへ » 治療について » 審美歯科 » 自然な白さへのこだわり

自然な白さへのこだわり

審美歯科人工歯の色は、口元や顔の印象にも影響します。通常、色を決める時は、シェードガイドと呼ばれる色見本を見ながら歯科医師が照合します。しかし、技工士に正確に情報を伝えることが難しく、作り直しをするケースも少なくありません。

当院は、歯の色を調べる装置「クリスタルアイ」を導入し、患者さんの歯に最も近い、より自然な色合いの人工歯を提供しています。

歯の色をデジタルで測定する装置【クリスタルアイ】
クリスタルアイとは、オリンパス独自の光学技術を活かした高精度な測色能力を持つ歯科用測色装置です。クリスタルアイで歯の表面を簡単に撮影すると、それをもとに歯の色、明るさ、濃さなどを分析して、セラミックなどの色指定が表示されます。そのデータを元に人工歯を作るので、回りの歯に馴染む自然な色合いを再現することができます。また、ホワイトニングの仕上がりがイメージできるように、施術前に測定しています。

歯科用測色機「クリスタルアイ」について



トップへ » 治療について » 審美歯科 » 自然な白さへのこだわり


PAGE TOP