トップへ » 治療について » 予防歯科 » 汚れを残さないための指導

汚れを残さないための指導

歯ブラシを使いわける予防歯科
歯ブラシ指導では、その人その人が磨きやすい歯ブラシをおすすめしています。例えば、歯と歯の間が磨けていない方には、ブラシの毛先が細くて毛が密集している、腰が強い歯ブラシがおすすめです。歯の表面を磨く柔らかいタイプと使い分けるとなお効果的です。

歯を磨く時は歯ブラシを2本用意し、まず、軟らかいブラシを使って細かく動かしながら表面を磨き、その後に、もう1本の歯ブラシで、歯と歯、歯ぐきとの境目を丁寧に磨くとよいでしょう。

頑張って歯磨きをしても、汚れが残っていると虫歯や歯周病になってしまいます。セルフケアの効果を上げるために、汚れの残り具合を記録した、歯科衛生実地指導の説明書をお渡ししています。一本の歯を4つの面に分け、プラークが残っている面が、全体の20%以下であれば、ご自宅でのセルフケアは十分であるといわれています。

フッ素配合の歯磨き剤を推奨
フッ素には、市販の歯磨き剤から歯科医院のフッ素液まで様々な種類がありますが、ご家庭で簡単に扱えるのが、フッ素入りのペーストです。毎日の歯みがきに、フッ素入りペーストを使うことで、簡単で確実に虫歯を予防することができます。歯ブラシ指導と併せて、歯科衛生士がフッ素入りペースを使った効果的な予防方法を丁寧に説明いたします。

厚生労働省の資料によると、フッ素を配合した歯みがき剤で歯を磨くと、虫歯を予防する効果が高いことが明記されています。世界保健機構(WHO)もその効果を認め、フッ素の利用を推奨しています。



トップへ » 治療について » 予防歯科 » 汚れを残さないための指導


PAGE TOP