トップへ » 治療について » 歯周病治療 » プラークチャート » 【プラークチャート】プラーク付着状況って何でしょうか?

【プラークチャート】プラーク付着状況って何でしょうか?

松田歯科医院では、定期健診に来院していただいた患者さんに歯科衛生実地指導の説明書をお渡ししています。

プラーク付着状況歯磨きでプラーク(歯垢)が落としきれていない場所について、歯を上から見て前後外内のどの面にプラークが残っているか?を記録した表が記入されています。

歯周病の進行を食い止めるためには、まずご自身のお口の状態を知ることがとても大切なことです。

特に、歯周病と虫歯の原因となるお口の中の細菌はプラーク(歯垢)の中に大量に隠れ住んでいます。これはプラークを顕微鏡で1,500倍に拡大した画像です。丸い形や細長い形をした細菌が大量にひそんでいるのがよくわかります。
プラーク付着状況

プラーク1mg(1gの1,000分の1でつまようじの先くらい)の中には1~10億の細菌が繁殖しているのです!細菌が大量にひそんでいるプラーク(歯垢)が歯や歯ぐきのまわりに付いているために、虫歯や歯周病が進行していきます。
あなたにお渡しした歯科衛生実地指導の説明書をご覧になりながら、裏面の説明をお読みください。

歯垢の落としきれていない場所を患者さんに把握していただくことは、自宅でのセルフケアの効果を上げるためにとても重要なのですが、見慣れない表なのでわかりづらいという声をお聞きします。

プラーク付着状況

プラーク付着状況歯科医院のスタッフは、歯を左右に大きく分けて前歯を「1番」~、奥の親知らずを「8番」と前から数えて何番目の歯になるかで区別しています。親知らずまで上下左右とも歯が揃っている方は、32本の歯が生えていることになりますが、かなりめずらしいです。

右上の前歯を「右上の1番」、左下の糸切歯を「左下の3番」と呼ぶことになります。さらに歯を4つの面に分けて、歯みがきで注意していただきたい場所を細かく特定します。

プラーク付着状況
お口の中心に近い面が「近心」面、
中心から遠い面が「遠心」面、
お口の外側に向いた面は「頬側または唇側」面、
お口の内側の面は「舌側または口蓋」面と呼びます。

プラーク付着状況左上の歯の場合、顔の中心は向かって左側になりますので右図のような位置関係になります。

このように、一本の歯をさらに4つの面に分けてプラーク(歯垢)の残っている面が全体の20%以下であれば、ご自宅でのセルフケアは十分であるといわれています。

計算式
プラーク付着状況

「 歯周病治療 」 ページへ



トップへ » 治療について » 歯周病治療 » プラークチャート » 【プラークチャート】プラーク付着状況って何でしょうか?


PAGE TOP