トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 早期発見・早期治療が大切な歯周病治療

早期発見・早期治療が大切な歯周病治療

歯周病治療

「歯ぐきが赤く腫れている。」
「歯に触ると、ぐらぐらしている。」
「歯を磨くと、歯ぐきから血が出る。」
「周りの人に、口が臭いといわれる」

毎日、歯磨きをしているのに、こうしたトラブルでお悩みの方はいませんか。歯ぐきの腫れや出血は歯周病のシグナルです。放っておくとさらに悪化し、歯を失うことにもなりかねません。そうなる前に、早期発見・早期治療で進行を食い止めましょう。

歯周病とは抜歯の主原因
日本人が歯を失う原因の第一位が歯周病です。歯周病の原因は、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)に歯周病菌が増殖して作られるプラーク(歯垢)です。歯周病は、歯の周りのプラークを取り除いて、清潔な状態を保つことで予防することができます。

抜歯の主原因8020推進財団がまとめた「永久歯の抜歯原因調査」によると、抜歯の主な原因で最も多かったのが、歯周病で全体の41.8%、次いで虫歯(う蝕)・その他・破折・矯正の順となっています。また、歯周病で抜歯をした人の年齢は、30代~50代にかけて増え始め60代でピークに達し、それ以降は、ほぼ横ばい状態にあります。



トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 早期発見・早期治療が大切な歯周病治療


PAGE TOP