トップへ » 治療について » 症例集 » オールセラミック(ブリッジ)

オールセラミック(ブリッジ)

治療前
症例右下の7番が歯周病で抜歯となったため、歯と同じ白い材料を使用して神経を残したまま入れ歯以外の方法で咬める治療を希望されました。
手術は避けたいとのことでしたので、オールセラミックでブリッジを製作しました。
http://white-kobari.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-40be.html

次へ
治療後
症例歯を削る量を0.5mmまで抑えることが可能で、既存のセラミックと比較して非常に強度の高いジルコニアを使用したおかげで、歯を削る量を最小限に抑えることができました。
神経を残したまま治療しましたが、しみる・咬んで痛む等の不快症状はありません。

【治療期間】2週間 【通院回数】2回 【費用】¥300,000

松田歯科医院の『審美歯科』症例


☎ 025-234-1112

〒950-2022

新潟県新潟市西区小針7-5-13

tel

電話でのお問合せ

『審美歯科』料金表


ホワイトニングやダイレクトボンディングで歯を削らずに美しく|新潟市西区 松田歯科医院



トップへ » 治療について » 症例集 » オールセラミック(ブリッジ)


PAGE TOP