トップへ » 治療について » 小さい患者さんの声 » A.Sちゃんにだ液検査を受けてもらった際に担当した保育士の感想

A.Sちゃんにだ液検査を受けてもらった際に担当した保育士の感想

何度かフッ素塗布でいらしていたので、医院の雰囲気にも慣れていてスムーズに行うことができました。
カウンセリングをしているときはおもちゃで遊べ、テレビを観ながらフッ素塗布もできたので、Aちゃんも楽しんでいたようでした。
仕上げ磨きはお父様がしているとのことで家族で取り組んでいるように感じ、虫歯にさせたくないというお母様の思いがこちらにも伝わりました。
「虫歯で痛い思いをしたことがないので、キッズルームの雰囲気も好きなんだと思います」というお母様の言葉が印象的で、分かっていたことでも実際にそのような言葉を聞くと虫歯にならないことの重要さが分かります。
虫歯を作らないことで「歯科医院=痛い、苦手」ではなくなると思うと、日常の何気ない歯磨きが大切な習慣だと改めて気付かされます。
お母様だけでなく、子ども自身が前向きな気持ちで来院し続けてもらえるように一緒に見守っていけたらと思います。



トップへ » 治療について » 小さい患者さんの声 » A.Sちゃんにだ液検査を受けてもらった際に担当した保育士の感想


PAGE TOP