2014年2月19日 « トップへ » 2014年2月21日

2014年2月20日

歯科用測色機「クリスタルアイ」

シェードテイキングの撮影環境統一化
クリスタルアイ撮影時に外光を遮断し、標準補正された7band LED光源で測色する歯牙を撮影できるクリスタルアイは、撮影環境に影響を受けず、正確なシェードテイキングが行えます。

撮影した画像は専用ソフト「クリスタルアイ アプリケーションマスター」でサービカル(歯頚部)、ボディ(中央部)、インサイザル(切縁部)別にベストマッチするシェード、そしてシェードガイドとの色差(⊿E)、明度(⊿L*)、赤味(⊿a*)、黄色味(⊿b*)を数値とわかりやすいグラフ表示で瞬時に表示します。

シェードテイキング
クリスタルアイ歯全域のシェード分布を自動判定することで、レジン修復、 メタルボンドやオールセラミック製作時のシェード情報の指標に活用できます。

<基本シェードテイキング>
・主要3部位(歯頚部・中央部・切縁部)の判定
・登録5種シェードガイド別での判定
・オリジナル任意シェードガイドの登録と自動判定
・色差情報(明度・赤み・黄色み)の相対値確認
・生活歯と推奨シェードとの画像比較

クリスタルアイ<シェードマッピング>
・歯全域のシェード分布を自動でグルーピング
・前歯のう蝕窩洞形成周囲のシェード確認
・任意部位での色差情報(明度・赤み・黄色み)を同時確認
・シェードのグラデーションイメージの確認

クリスタルアイ<⊿E色差情報(相対値)>
・歯とシェードガイドとの色差情報の取得
・製作したクラウンと歯との色差情報の取得
・トリートメントした歯の術前・術後の色差情報の取得
・異なるシェードガイド同士の色差情報の取得

クリスタルアイ<レポート出力>
歯とシェードガイド、製作したクラウン、トリートメント前の歯との色差情報をレポート形式でプリントアウトが可能です。

任意シェードガイドでの色補正
クリスタルアイクリスタルアイを用いて、3バンド(RGB)で撮影した歯列・顔貌情報を7バンド撮影された歯の画像を用いて色補正します。 それに伴って、任意シェードガイドでの歯・歯列・顔貌の中の歯列画像を補正します。

<歯列色補正>
任意の色に、シミュレーションすることが可能です。
色の選択は、あらかじめ用意されたシェードガイドデータから選べます。例えば、ホワイトニング後の色調を患者さんへプレゼンテーションする場合、 0M1シェードを選択するだけで、治療予測画像を表示できます。

歯牙自動配置と連結イメージ
歯を1本づつ撮影することで、連結イメージがディスプレイ上で再現できます。2×2画面~2×8画面(上下顎左右1~4番)の歯牙自動配置と連結イメージの表示が可能です。

クリスタルアイ

コンタクトキャップの使用で、技工物のチェックも可能に
チェックボックス(オプション)を利用することで、補綴物を遮光下の状況で撮影し、天然歯との相対比較をすることができます。 グレイズ焼成前のシェード確認に大変便利です。

クリスタルアイ

シェードマッチングリレーション
歯科医院と歯科技工所の連携によるシェードマッチングを、シンプルかつ強力にシステム化しました。


折れた前歯をダイレクトボンディングで修復した症例
クリスタルアイ欠けた部分は大きかったのですが、運よく歯の中の神経は生きていたので、神経を温存するために歯を削る量が最小限に抑えられるダイレクト・ボンディングを行いました。

クリスタルアイ色調をクリスタルアイで合わせることで、他の歯と区別がつかなくなりました。

クリスタルアイ術後1年半が経ちましたがどの歯が修理した歯かわからないくらいです。歯を削る量を最小限に抑えつつお口の状態を審美的に回復することができて、患者さん、診療所スタッフ、皆が満足できる治療を実現できました。

外観

外観

バス停「小針八丁目」「坂井輪小学校前」より歩いて1分に当クリニックがございます。駐車場も完備しておりますので、お車でのご来院が非常に便利です。

フリーランス歯科衛生士 沢口由美子様からの推薦文

沢口由美子様からの推薦文フリーランスの歯科衛生士として多くの患者さんの健康増進に取り組み、セミナーの講師として活躍されている沢口由美子様より松田歯科医院を推薦するお言葉をいただきました。
『歯科衛生士 沢口由美子』オフィシャルサイト http://dh-sawaguchi.com/zenkoku/

松田歯科さんと私との出会いは、もうそろそろ10年くらいになるでしょうか?
初めてお会いしたのは歯科メーカー主催のセミナーにスタッフの方と参加して下さったのだと思います。

その後、松田歯科さんに呼ばれてプライベートのセミナーをさせて頂きました。そして、一昨年は3回のシリーズでプライベートの院内セミナーをさせて頂きました。最初に伺いました時に新入の衛生士さんがだいぶ育ってチーフ格に成長して、私の勤務する歯科医院に見学にきて...新しい衛生士さんが増えた時に、しっかり育てたいとの御依頼でした。

今年(2013年)春、新卒の衛生士さんが入った時に追加で伺い、残念ながら新卒の衛生士さんはすぐに辞めてしまいました。が...見学に来ていない衛生士さんは今年、見学に来京され、衛生士の仕事の楽しさを理解して帰って行きました。

先生の診療の姿勢は、患者さんの幸せをみつめる!!だと私は思ってお手伝いしております。スタッフのひとり一人が、患者さんの笑顔をふやせること。私のスタッフ教育のモットーと同じスタンスです。そのために、スタッフ教育はしっかり、自分を見つめて、患者さんを通して社会に貢献する。を目標にされていたと解釈しております。

厳しさの奥に優しい眼差しでスタッフを見てくれています。スタッフの方々もしっかり自立出来るように導かれていると思います。私もいろいろとお手伝いするうちに、優しさと厳しさを感じながら、先生のペースのなかで仕事をする喜びを益々感じております。

成長したスタッフの皆さんのプロフェッショナルな仕事を体感して頂けましたら幸いです。患者さんの幸せ、笑顔のための治療~予防まで、自分の歯で一生食べられる幸せをしっかりサポート出来る歯科医院だと思います。どうぞ安心して通院してくださいませ!!
私も微力ながらお手伝いさせて頂きたいと思います。

東京都在住 歯科衛生士 沢口 由美子


2014年2月19日 « トップへ » 2014年2月21日


PAGE TOP