2016年7月29日 « トップへ » 2016年8月 2日

2016年7月30日

当院の理念

はじめまして。
新潟市西区で開業しております松田歯科医院の院長 松田拓己です。
当院のホームページ、求人サイトにご訪問いただいて、ありがとうございます。
松田歯科医院の院長として、わたしが大切にしている理念についてお話しします。
top_photo.png

松田歯科医院ではスタッフを含む協力者の健康増進と若々しさを保つことを最も大切に考えております。
その実現のために、ご予約日時を継続して守ってくださりメンテナンスをしっかり継続される患者さんの診療を最優先します。

日本人が歯をなくす二大原因であるむし歯と歯周病に関しては、歯科医院で定期的なメンテナンスを行うことで発生と進行を予防できることが確認されています。
歯の痛みや歯を失うことで起きる問題に悩まされる患者さんの苦痛を取り除くために、治療技術の研鑽・勉強は今後もつづける必要はありますが、高度成長期に見られた「むし歯の洪水」は沈静化しており、若年者のう蝕罹患率は一人当たり一本以下となっています。
予防の概念が十分に浸透していなかった時代に生じた疾患を治療し進行を食い止めるだけでなく、一生歯を健康に保つ方々を増やしていくことで健康の価値をより高めていきたいと願っております。

ideal.jpg

歯科医院に就職する前に悩んだ経験

新潟市の松田歯科医院の求人ページをご覧いただきまして、ありがとうございます!
院長の松田拓己です。

現在あなたは歯科医院に勤務されていますか?
それとも在学中でしょうか?
あるいはこれから就職される予定でしょうか?

わたしは新潟大学歯学部を卒業して附属病院・長野赤十字病院での研修が終わった後、就職先を決める際にどこの歯科医院で勤務させていただくか?
なかなか答えが出せずに困りました。

多くの患者さんが来院される評判の高い歯科医院であることを第一として、新人時代は口腔外科の臨床を主に勉強していましたので、保存・補綴を中心とした一般歯科治療を十分学ばせていただける環境が必要に思えていました。

ただ、単純に繁盛しているj歯科医院というだけでなく、大学を卒業して病院での研修を4年間経験して理解できたのは、院長や部長等の上役が後進の指導に熱心であることと一緒に仕事をしてもらうスタッフとの協力関係が技術や知識の習得には大きく影響することでした。

歯学部を卒業してすぐに、わたしは母校新潟大学の口腔外科学教室でお世話になりました。

一緒に研修を受けていたT先生は、個人の歯科医院に勤務しつつ口腔外科診療や診断学について熱心に勉強されていました。

T先生は勉強熱心なことに加えて、明るい性格で会話も面白く魅力にあふれた先輩でした。

わたしが長野赤十字病院に転勤する頃にT先生は新潟市内でご自分の歯科医院を開業されました。

明るい人柄と確かな治療技術を生かして、瞬く間に新潟市内でもトップクラスの歯科医院に成長されていたのです!

病院での研修が終わりに近づいて、大がかりな手術等は自分には向いていないと感じたわたしは一般歯科診療をしっかりと身に着けたいという希望をT先生に相談させていただきました。

 T先生からいただいたアドバイスは下記のとおりでした。

・大学に在籍したままで時々アルバイトで診療を行う形では、自分の行った診療の結果を見ることができない場合が多く責任感が芽生えない恐れが高い

・将来、歯科医院を開業して院長となることを決心していない場合、患者さんの生涯にわたって口腔の健康を保つお手伝いをする覚悟とスタッフと自分の家族の生活を支えるために必要なマネジメントを身に着ける意欲が湧いてくることはほとんどないため、勤務医としての経験を生かせない可能性が高い

わたし自身は院長として必要な技量と経験を身に着けて開業することをすでに決心していましたので、ぜひT先生の歯科医院で勉強させてくださいとお願いしました。

ありがたいことにT先生はわたしの希望を受け入れてくださり、勤務医として雇っていただくことができました!
054.jpg

T先生のお人柄は病院時代からよく存じ上げており、共通の話題も多かったので診療後も院長としての心得を豊富に教えていただけて感謝しております。

初診時に十分な説明を行い納得していただいてから治療に入ることの重要性、診療終了後に歯科技工士さんと行う綿密な打ち合わせ、そして院内スタッフと良好なコミュニケーションを図り診療を円滑に進めていくことなど歯科医院運営の極意をまじかで見せていただき、開業して20年経ってもT先生の教えに助けられています。

歯科医院に限らず、複数のスタッフが所属する職場ではチームで仕事を進めることが基本となります。

同じ職場の仲間同士で助け合い、仕事の効率化や正確さを高めるために環境を改善していくことがチーム全体で成長するうえで重要となり、充実した人生を送る必須条件だということを勤務医時代に教えていただくことができたのは本当に幸運でした。

求人情報をもう一度見る

お電話、またはメールフォームよりお問い合わせください。
025-234-1112


2016年7月29日 « トップへ » 2016年8月 2日


PAGE TOP