トップへ » 歯科用測色機「クリスタルアイ」

歯科用測色機「クリスタルアイ」

シェードテイキングの撮影環境統一化
クリスタルアイ撮影時に外光を遮断し、標準補正された7band LED光源で測色する歯牙を撮影できるクリスタルアイは、撮影環境に影響を受けず、正確なシェードテイキングが行えます。

撮影した画像は専用ソフト「クリスタルアイ アプリケーションマスター」でサービカル(歯頚部)、ボディ(中央部)、インサイザル(切縁部)別にベストマッチするシェード、そしてシェードガイドとの色差(⊿E)、明度(⊿L*)、赤味(⊿a*)、黄色味(⊿b*)を数値とわかりやすいグラフ表示で瞬時に表示します。

シェードテイキング
クリスタルアイ歯全域のシェード分布を自動判定することで、レジン修復、 メタルボンドやオールセラミック製作時のシェード情報の指標に活用できます。

<基本シェードテイキング>
・主要3部位(歯頚部・中央部・切縁部)の判定
・登録5種シェードガイド別での判定
・オリジナル任意シェードガイドの登録と自動判定
・色差情報(明度・赤み・黄色み)の相対値確認
・生活歯と推奨シェードとの画像比較

クリスタルアイ<シェードマッピング>
・歯全域のシェード分布を自動でグルーピング
・前歯のう蝕窩洞形成周囲のシェード確認
・任意部位での色差情報(明度・赤み・黄色み)を同時確認
・シェードのグラデーションイメージの確認

クリスタルアイ<⊿E色差情報(相対値)>
・歯とシェードガイドとの色差情報の取得
・製作したクラウンと歯との色差情報の取得
・トリートメントした歯の術前・術後の色差情報の取得
・異なるシェードガイド同士の色差情報の取得

クリスタルアイ<レポート出力>
歯とシェードガイド、製作したクラウン、トリートメント前の歯との色差情報をレポート形式でプリントアウトが可能です。

任意シェードガイドでの色補正
クリスタルアイクリスタルアイを用いて、3バンド(RGB)で撮影した歯列・顔貌情報を7バンド撮影された歯の画像を用いて色補正します。 それに伴って、任意シェードガイドでの歯・歯列・顔貌の中の歯列画像を補正します。

<歯列色補正>
任意の色に、シミュレーションすることが可能です。
色の選択は、あらかじめ用意されたシェードガイドデータから選べます。例えば、ホワイトニング後の色調を患者さんへプレゼンテーションする場合、 0M1シェードを選択するだけで、治療予測画像を表示できます。

歯牙自動配置と連結イメージ
歯を1本づつ撮影することで、連結イメージがディスプレイ上で再現できます。2×2画面~2×8画面(上下顎左右1~4番)の歯牙自動配置と連結イメージの表示が可能です。

クリスタルアイ

コンタクトキャップの使用で、技工物のチェックも可能に
チェックボックス(オプション)を利用することで、補綴物を遮光下の状況で撮影し、天然歯との相対比較をすることができます。 グレイズ焼成前のシェード確認に大変便利です。

クリスタルアイ

シェードマッチングリレーション
歯科医院と歯科技工所の連携によるシェードマッチングを、シンプルかつ強力にシステム化しました。


折れた前歯をダイレクトボンディングで修復した症例
クリスタルアイ欠けた部分は大きかったのですが、運よく歯の中の神経は生きていたので、神経を温存するために歯を削る量が最小限に抑えられるダイレクト・ボンディングを行いました。

クリスタルアイ色調をクリスタルアイで合わせることで、他の歯と区別がつかなくなりました。

クリスタルアイ術後1年半が経ちましたがどの歯が修理した歯かわからないくらいです。歯を削る量を最小限に抑えつつお口の状態を審美的に回復することができて、患者さん、診療所スタッフ、皆が満足できる治療を実現できました。



トップへ » 歯科用測色機「クリスタルアイ」


PAGE TOP