入院の前に身に着けておくべき習慣


【2016年4月10日 6:32 AM更新】


白く輝く歯を維持するには、歯の表面のエナメル質が健康に保たれていることが重要です。
目に見えない程度の傷であれば歯の表面は再石灰化で修復可能で、薬用ハイドロキシアパタイトが再石灰化を促すことはご存知だと思います。
1144686.jpg
ナリス化粧品が販売している歯みがきペースト「アパサイエンス」は薬用ハイドロキシアパタイトが配合されているだけでなく美肌効果も期待できるため、松田歯科医院の患者さんに評判がよくわたしと妻も愛用しています。
アパサイエンスの他にもアロマエッセンスやリップクリーム等、患者さんに喜んでいただける商品を教えて下さるナリス化粧品専属エステティシャンのKさんが体調をくずされたということで、妻とお見舞いに行ってきました。
Kさんは以前から貧血の症状はあったそうですが、今年の初め頃から咳が続くため検査を受けたところ、骨髄異形成症候群という病気であることがわかり入院となったそうです。
DSC_1741.JPG
病院にうかがってみると、心配していたよりもKさんはお元気そうでお見舞いのお花も喜んでいただいてほっとしました。
骨髄異形成症候群は悪化すると白血病に移行することもありますが、幸運にも早めに発見できたので治療が終わったらお世話になっている周囲の皆さんに恩返しをしたいですね、と前向きに考えていらっしゃるKさんのお話が印象的でした。
入院されるのはお子さんが生まれたとき以来ということで、病院の様子が昔とはずいぶん変わったという話題の中で印象的だったのが「お口の中のばい菌が全身に影響を及ぼす心配がありますが、悪い歯や歯肉炎はないですか?」と看護師さんから確認されたというエピソードでした。
Kさんはかかりつけ医院で歯科衛生士さんから定期的にクリーニングを受けていらっしゃったので問題はありませんでしたが、むし歯や深い歯周ポケットをを放置していると細菌が増殖してお口以外の器官にも感染する危険があることを内科でも周知される時代になったことを三人で喜びました。
Kさんは職業柄、洗顔方法やお肌の手入れにも詳しいので看護師さんからの質問にも答えているそうで、入院先でも人気者でいらっしゃることが分かって元気を頂いて帰ってくることができました。







前へ:
次へ:


歯のクリーニング】の関連記事




ブログ記事メニュー


アーカイブ



TEL:025-234-1112