ついつい食べすぎるのを防ぐには


【2020年10月22日 2:46 PM更新】


『歯科衛生士&食育インストラクターのKです。
 
新米の時期になりました 
新潟県のコシヒカリは本当においしいです。
新米はなおのこと。
 
ツヤツヤキラキラで粒が立ってしっかり歯ごたえもある
炊きたてごはんは最高に幸せです。
 
ごはんはほとんどが水分と糖質。
 
糖質は脳の唯一のエネルギー源となるブドウ糖に分解されて、
脳をしっかり働かせ、
もちろん体全体のエネルギー源にもなり、
活力のある日々を送るためには必須。
rice_ball.png
 
最近は糖質ダイエットとよく聞きますが、
糖を悪者のようにする、全く食べないのはよくありません。
 
また、ごはんの糖と、お菓子や果物の糖は全く違います。
 
ごはんはビタミンやミネラル、食物繊維も含み、日本人は大事な主食です。
 
お米を毎日どのくらい食べていますか?
 
約60年前は1日の食事(摂取エネルギー)の約50%はお米でしたが、
今は約20%というデータがあります。
 
1年間の1人あたりのお米の消費量は60年前に比べて半分以下になり、
1年間の1人あたりの食費の割合は
お米よりもお菓子や嗜好品の方が高くなっているそうです。
 
こどものうち、特に幼少期まではおやつにお菓子よりもおにぎりをおすすめします。
 
大人のおやつがおにぎりというわけにはいかないでしょうが…
 
お米にごはんのお供をのせて食べるのと、
パンにバターを塗って食べるのと、
噛む回数、満腹感、脂質、水分量など違い、副菜も違ってきます。
 
ついつい食べすぎるのを防ぐには、
実はごはん(お米)をしっかり食べる、よく噛んで食べるのがいいんです。
 
新潟のお米はおいしいです(^^)
美味しくて食べすぎてしまう人もいるかも…。』
 
歯科衛生士 K 
(松田歯科医院|新潟市西区小針 勤務)
preserve.png


松田歯科医院|新潟市西区小針 へ電話 025-234-1112




https://business.google.com/dashboard/l/01944607525847940894




松田歯科医院|新潟市西区小針では一緒に患者さんの健康を守って下さる歯科衛生士・歯科医師を募集しています 
松田歯科医院|新潟市西区小針 の情報
住所:新潟県新潟市西区小針7-5-13
電話:025-234-1112
公式サイト:http://www.matsudadent-whitening.jp/







前へ:
次へ:


新潟市西区 歯科医院】の関連記事




ブログ記事メニュー


アーカイブ



TEL:025-234-1112