歯を削らない事が大事な理由

歯を削られるのが嫌われるから言ってるわけではありません。

松田歯科医院で「歯を削らないことが大事」と何度も強調してお伝えするのは、歯を削られるのが嫌で歯科医院に通わない方が多いということが理由ではありません。

歯の寿命をできるだけ長くして一生おいしく食事や会話を楽しんでいただくためには、歯と歯を支える骨を丈夫に保つことが重要だからです。
むし歯で穴が空いてしまった歯を全く削らずに治療する事はほぼ不可能ですが、できるだけ神経の近くまでは削らないようにすることが歯を長持ちさせるためには大事です。

できるだけ歯を残して強度を保つとともに、できるだけ神経を残すことが大切です。
「神経を取ると歯が弱くなる」ことはすでに常識になりつつありますが、歯の質そのものがもろくなる原因としては、血管もなくなるので血液からの栄養供給がなくなることと歯の中の水分が少なくなることが考えられます。

やむをえず虫歯で削られたりケガなどで欠けた箇所を埋めるために、歯の周りを削って型取りを行い被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)を作り埋めるケースが一般的に多いのですが、既に削られたり欠損して弱くなった歯を守るために歯をさらに削って詰め物をするのですから歯の寿命が短くなることは容易に想像できます。

削らず白く綺麗に治療した症例です。

治療前
ホワイトニングとダイレクトボンディング治療前
治療後
ホワイトニングとダイレクトボンディング治療後
上記写真は、ホワイトニングダイレクトボンディングで歯が白く美しくなった患者さんです。
ご自分の歯は一切削っていません。

できるだけ歯を削らない方法で歯を美しく

当院では、できるだけ歯を削らない事を第一に考えた歯科治療、予防メンテナンスを心がけており、歯を白く美しくする審美歯科の分野においても、できるだけ歯を削らない方法にこだわっています。

当院では、歯を美しくするために、
といった最新の人気の治療方法を導入しています。


ご予約・お問合せ

ご予約・ご質問などお気軽にお問合せ下さい。
▼お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

TEL:025-234-1112

TEL:025-234-1112
↑↑クリックで電話できます


  • このエントリーをはてなブックマークに追加