トップへ » 治療理念 » 健康を大切に » 歯を失うリスクをできるだけ減らすために

歯を失うリスクをできるだけ減らすために

虫歯や歯周病の原因となるお口の中のばい菌は、プラーク(歯垢)の中に大量に隠れ住んでいます。
 
ですから、このプラーク(歯垢)が歯や歯ぐきのまわりに付いていると、虫歯や歯周病を発症し進行する危険性が非常に高くなります。
 
予防で一番重要なのはプラーク(歯垢)コントロールです。
 
当院では定期健診に来院していただいた患者さんに、プラークの残っている場所を細かく記録したプラークチャートを記載した歯科衛生実地指導の説明書をお渡ししています。
 
歯みがきでプラークが落としきれていない場所を患者さんがご自身の目で確認できるようにしていますので、ぜひご自宅での活用をお願いいたします。。

検査結果の読み方(プラークチャート)についてはこちら
 



トップへ » 治療理念 » 健康を大切に » 歯を失うリスクをできるだけ減らすために


PAGE TOP