«  2020年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« ホワイトニングを受けた歯科衛生士の感想 | メイン | 歯のすきまをセラミックで審美的に改善します1(松田歯科医院|新潟市西区小針|予防歯科) »

2013年12月 6日

歯周病の管理のために10年以上通院していただいている新潟市西区のMさんから、
歯茎が下がったために生じるブラックトライアングルが気になっていたとのことで
歯の色の改善と合わせて審美的治療の相談をいただきました。

http://www.matsudadent-whitening.jp/diaryblog/s/2013/11/post_23.html

同時に前歯の色を全体に明るくしたいというご希望もいただいたので、
まずは、右上の糸切歯の色調をオフィスホワイトニングで改善することにして、
GC社のティオン オフィスを使用しました 。

右上の糸切歯がきれいに白くなったので、
右上2番から左上2番の表面のエナメル質だけを削って
ラミネートベニヤの型取りを行いました。

ラミネートベニヤは、人体の中で最も硬く接着性の高い
歯の表面に存在するエナメル質に接着するのが基本です。

エナメル質を削っても歯の中の神経には刺激が伝わらないので、
しみたり痛む心配がなく麻酔は必要ありません。
 
左上の糸切歯は保険適用の硬質レジン前装冠が装着されていましたが、
歯周病の影響で歯茎が下がり歯の根が露出して黒く目立っていたため
オールセラミック・クラウンで審美的に治療し直しました。
 
患者さんが松田歯科医院での歯科治療に関して十分に理解していただいたおかげで、
時間をかけて満足度の高い結果を得ることが出来ました。

Mさん、ご協力ありがとうございました。

また、治療内容をブログに掲載することも快諾いただいて感謝しております。

難しい審美的治療ではいつも相談に乗っていただき
美しい技工物を作成してくださる歯科技工士のO先生、
歯茎の状態を安定させてくれた松田歯科医院の歯科衛生士にも感謝しています。

お口の状態を審美的に改善することができて、
患者さん、診療所スタッフ、歯科技工士さん
皆が満足できる治療を実現できました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.matsudadent-whitening.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/476

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

Profile

松田歯科医院
院長
松田拓己

松田歯科医院院長松田拓己

松田歯科医院では皆様の健康増進と 若々しさをいつまでも保つことを 最も大切に考えております。
そのため、ご予約日時を守って メインテナンスをしっかりと 継続できる環境を整えています。

LINE@はじめました