«  2020年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 新潟市西区の地域歯科保健を充実させるために | メイン | 歯が白くならないのは? »

2014年2月 8日

◎知覚過敏について

あなたは冷たいものを食べたり飲んだりするときに、ムシ歯でもないのに、一時的に歯がしみることはありませんか?
今のように真冬の寒い時期には、外の空気が歯に当たっただけでもしみたりします。
このような痛みを感じているあなたは、知覚過敏の疑いがあります。
実は日本人の約3人に1人が知覚過敏を経験していると言われています。(グラクソ・スミスクライン社調べ)
知覚過敏は、歯グキが下がったり、強すぎるブラッシング、歯ぎしりなどの要因によって少しづつ悪化していきます。

◎知覚過敏の原因は歯の象牙質が露出すること

新潟市_予防歯科_知覚過敏2.jpg
知覚過敏は、歯のエナメル質の内側にある「象牙質」と呼ばれる歯のやわらかい部分の露出が原因で起こります。

健康な歯の表面はエナメル質で覆われ、外側からの刺激を遮断する役割を果たしています。
このエナメル質がはがれたり、歯周病や加齢で歯グキが下がったりして象牙質が露出すると、象牙細管という細い管を通じて歯の神経に直接刺激が伝わるようになり、シミる不快感や瞬間的な激痛を引き起こします。

◎知覚過敏の起こるメカニズム

新潟市_予防歯科_知覚過敏1.jpg

エナメル質がはがれたり歯グキが下がって象牙質が露出すると、冷たいものや熱いものを食べたり飲んだりしたときに、刺激 が歯の外側から伝達され、痛みが引き起こされます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.matsudadent-whitening.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/545

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

Profile

松田歯科医院
院長
松田拓己

松田歯科医院院長松田拓己

松田歯科医院では皆様の健康増進と 若々しさをいつまでも保つことを 最も大切に考えております。
そのため、ご予約日時を守って メインテナンスをしっかりと 継続できる環境を整えています。

LINE@はじめました