「いい歯の日」の悲劇・・・(松田歯科医院|新潟市西区小針|歯のクリーニング)


【2017年11月9日 3:16 PM更新】


松田歯科医院|新潟市西区小針|歯のクリーニングでトリートメントコーディネーターをしております松田多恵子です。
昨日は「いい歯の日」でしたね。
そんな日に、被せ物をしてある私の歯。
硬いものを食べたらグギッて。
欠けてしまいました。
だいぶ前に治してもらってあった歯です。もともとは子どもの頃の虫歯が原因で治療することになったのだと思います。
一度虫歯になると、、、
治療して、はい、終わり。ではなく、私のように、結局は何回も、治療のし直しをしなくてはなりません。
しかも、治療を重ねるごとに、深く大きく削っていくことになるので、歯がもろく寿命が短くなってしまいます。
だから、やっぱり一度でも虫歯にしないことが大事ですね。
さて、、私は、今日これから、欠けた歯を治療してもらいに歯医者さんに行って来ます。
虫歯がなかったら、治療に行く必要がないから。
もっと楽しいことに使えたはずの時間。
虫歯がなかったら、治療に行く必要がないから。
お夕飯にもう一品、手をかけたものを作れたかもしれない時間。
虫歯があることで、時間も費用も、たくさん費やすことになってしまいます。
虫歯のないきれいなお口で生まれてくる赤ちゃんには、ぜひ、こんな虫歯の苦労をさせて欲しくないなあ、と、心から思います。
ママの力で、しっかり守ってあげてくださいね。







前へ:
次へ:


未分類】の関連記事

2020年5月24日

型取り



ブログ記事メニュー


アーカイブ



TEL:025-234-1112