トップへ » 歯と歯の隙間が気になるのですが......

歯と歯の隙間が気になるのですが......

いわゆる"すきっ歯"には、歯の表面を薄く削り、オールセラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法が行われてきました。
 
歯を削る量は被せ物よりも少なく、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。
 
とはいえ、剥がれる危険性があったり、歯の大きさや向きを大幅に変更することはできません。
 
《ラミネートベニア》のご説明
 
◎治療内容

 歯の表面のエナメル質を削って型取りし、オールセラミックを接着する治療法です。
 型取りを行うため、治療回数は最低2回必要です。
 

◎費用

 オールセラミックを使用しますので保険適用外の自費診療となります。
 一ヶ所につき88000円の費用がかかります。

◎副作用

 まれに接着剤にアレルギーを持つ方がいらっしゃいます。

◎リスク

 歯を削る量が少ないため、被せ物よりも外れやすくなります。
 また、強い力がかかると欠けやすいので注意が必要です。

========================

従来はむし歯の穴を詰めるために使われていたコンポジットレジンを使って、歯の隙間を埋める治療法をご紹介いたします。
 
この方法はダイレクトボンディングと呼ばれており、コンポジットレジンの強度と接着剤の性能が向上したおかげで可能となりました。
 
ダイレクトボンディングの詳細につきましては、下のページでご紹介しております。
 
※かぶせ物を使わずにすきっ歯を埋める


《ダイレクトボンディング》のご説明
 
◎治療内容
 
 歯に空いた穴や、となりの歯とのすき間にコンポジットレジン(強度の高いプラスチック)を接着して埋めていきます。
 型取りは必要なく、多くの場合1回で治療が終わります。
 
◎費用
 歯と歯の隙間などの見た目を改善する治療については保険適用外の自費診療となります。
 一ヶ所につき39600円となりますので、左右の前歯の形を治す費用は79200円です。
 
◎副作用

 まれにコンポジットレジンあるいは接着剤にアレルギーを持つ方がいらっしゃいます。

◎リスク

 素材がプラスチックですので金属やセラミックに比べて強度が低く、欠けたりすり減ることがあるのが欠点です。
 また、吸水性がありますので着色することがあります。



トップへ » 歯と歯の隙間が気になるのですが......


PAGE TOP