症例

歯の隙間を埋めたい

松田歯科医院で実際に審美治療を行った患者様の症例・治療例を紹介させて頂きます。

できるだけ短時間で歯を削らずに治療できる方法を探して

新潟市Wさんの例

『以前から上の前歯のすき間が気になっていました。前歯にすき間があると口の中の暗い部分が目立つため、大きくお口を開けて笑うのは避けていたのです。できるだけ短時間で歯を削らずに治療できる方法を探して、ダイレクトボンディングで前歯のすき間を埋めることが可能なのか相談をするために松田歯科医院にご来院頂きました。』

Wさんのお口の中を拝見して歯と歯のすき間はそれほど大きくなく、細長い歯の形なのでコンポジットレジンを脇に足して若干幅が広くなっても見た目の違和感は生じないと判断しダイレクトボンディングを行うことになりました。
むし歯の治療のように歯は削らないので怖くありませんが、元々すき間だった場所に違和感のない形で歯を作り上げる必要がありますので2時間程度は要しました。

ダイレクトボンディング治療前
ダイレクトボンディング治療前
ダイレクトボンディング治療後
ダイレクトボンディング治療後
【通院回数】1回
【費用】¥64,800(ダイレクトボンディング2ヶ所)


《ダイレクトボンディング》のご説明
◎治療内容:歯に空いた穴や、となりの歯とのすき間にコンポジットレジン(強度の高いプラスチック)を接着して埋める治療です。
◎費用:1ヶ所につき32,400円(税込)となります。今回は左右の前歯の形を修正しましたので2ヶ所となります。
◎副作用:まれにコンポジットレジンあるいは接着剤にアレルギーを持つ方がいらっしゃいます。
◎リスク:素材がプラスチックですので金属やセラミックに比べて強度が低く、欠けたりすり減ることがあるのが欠点です。また、吸水性がありますので着色することがあります。

治療後のご感想・ご評価について

長時間じっとしていただくのは大変だったと思いますが、埋めなおしが終わって鏡を見ていただくと「これなら笑って卒業写真を撮ることができます!」と明るい表情で喜んでもらえました。
Wさんは高校3年生で卒業式を控えており、卒業アルバムに掲載される写真にはお口を開けた明るい笑顔を残したいと願ってダイレクトボンディングを受ける決心をされたのです。学生時代の記念となる大事な写真にWさんが望んだとおりの笑顔で写ることができて、わたしも一緒に嬉しくなってしまいました。

出来るだけ歯を削らずに審美性の改善を希望されるかたは、ぜひご相談いただきたいと願っております。

ダイレクトボンディング歯を削らずに形を直し歯のすき間を埋めることが可能な治療法です。コンポジットレジンと呼ばれる強化プラスチックを直接歯の表面に接着できるので、自然な見た目で歯の形を改善できるのです。従来の審美歯科治療に比べて歯を削る量が少なくできるので人気が高まっており、研修会も盛んに行われています。
▶ダイレクトボンディング詳細はこちら

ご予約・お問合せ

ご予約・ご質問などお気軽にお問合せ下さい。
▼お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

TEL:025-234-1112

TEL:025-234-1112
↑↑クリックで電話できます


  • このエントリーをはてなブックマークに追加