症例

折れた歯を綺麗に治療したい

松田歯科医院で実際に審美治療を行った患者様の症例・治療例を紹介させて頂きます。

折れた歯を神経を残すため歯を削る量が最小限に抑えられるように

新潟市西区Sさんの例

『むし歯が無いのにケガや事故で前歯を傷めてしまう事があります(お酒を飲んだ後で自転車に乗るのは、とても危険なのでやめましょうね)。近所の学校の養護の先生から電話がかかってきました。以前から松田歯科医院をかかりつけに選んでくれているSさんが、体育の授業で前歯をぶつけて折ってしまい治療が必要となりました。』

欠けた部分は大きかったのですが運よく歯の中の神経は生きていたので、神経を温存するために歯を削る量が最小限に抑えられるダイレクトボンディングを行うことにしました。

ダイレクトボンディング治療前
ダイレクトボンディング治療前
ダイレクトボンディング治療後
ダイレクトボンディング治療後
ダイレクトボンディングを行ってから一年半経過しましたが、神経の反応は正常でレントゲンでも異常は見当たりません。
1年半経過後
1年半経過後
【通院回数】1回
【費用】¥97,200(ダイレクトボンディング3ヶ所)


《ダイレクトボンディング》のご説明
◎治療内容:歯に空いた穴や、となりの歯とのすき間にコンポジットレジン(強度の高いプラスチック)を接着して埋める治療です。
◎費用:1ヶ所につき32,400円(税込)となります。今回は右の前歯が大きく欠けていたので2ヶ所と数えて、左の前歯と合計して3ヶ所となります。
◎副作用:まれにコンポジットレジンあるいは接着剤にアレルギーを持つ方がいらっしゃいます。
◎リスク:素材がプラスチックですので金属やセラミックに比べて強度が低く、欠けたりすり減ることがあるのが欠点です。また、吸水性がありますので着色することがあります。


治療後のご感想・ご評価について

歯を削る量を最小限に抑えつつお口の状態を審美的に回復することができて、患者さん、診療所スタッフ、皆が満足できる治療を実現できました!

ダイレクトボンディング歯を削らずに形を直し歯のすき間を埋めることが可能な治療法です。コンポジットレジンと呼ばれる強化プラスチックを直接歯の表面に接着できるので、自然な見た目で歯の形を改善できるのです。従来の審美歯科治療に比べて歯を削る量が少なくできるので人気が高まっており、研修会も盛んに行われています。
▶ダイレクトボンディング詳細はこちら

ご予約・お問合せ

ご予約・ご質問などお気軽にお問合せ下さい。
▼お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

TEL:025-234-1112

TEL:025-234-1112
↑↑クリックで電話できます


  • このエントリーをはてなブックマークに追加