トップへ » 松田歯科医院の特徴 » 痛みの少ない治療

痛みの少ない治療で患者さんの負担を最小限に

痛みの少ない治療

虫歯ができたけど、治療中の痛みが心配......。そんな理由から、歯医者に行くのを渋っていると、虫歯がどんどんひどくなってしまいます。最近では、患者さんの体に負担を与えない治療が増えてきました。腫れや痛みがひどくなる前に、早めの治療をおすすめします。

当院では、できるだけ痛みの少ない治療に取り組んでいます。痛みを嫌うのは、大人も子どもも同じこと。患者さんが自分の家族だったらと考えながら、治療に伴う不安感や恐怖心を取り除くように心がけています。「虫歯かな?」と思ったら、できるだけ早めにご来院ください。


麻酔時の痛みを軽減する3つの取り組み

【その1】表面麻酔で針を刺したときの痛みを抑える痛みの少ない治療
針を刺したときの痛みを和らげるために、麻酔注射を打つ前に"表面麻酔"を使用しています。"表面麻酔"とは、ジェル状の麻酔薬を患部に塗り、痛みを感じにくくさせる方法です。表面麻酔を塗ってからしばらく経つと感覚が麻痺してきますので、その後、麻酔注射をします。

【その2】電動麻酔器で違和感を軽減
麻酔注射による痛みや違和感は、薬を入れるときの圧力や速度に関係しています。電動麻酔器で一定の圧力でゆっくり注入することで、麻酔時の嫌な痛みや違和感を緩和しています。

【その3】麻酔液を人肌に温めて痛みを和らげる
麻酔薬が冷たかったり、熱すぎたりすると、注入時の痛みや不快感が強くなりますので、あらかじめウォーマーで人肌(34~35℃)に温めておいた麻酔液を使用しています。



トップへ » 松田歯科医院の特徴 » 痛みの少ない治療


PAGE TOP