「かぶせ物の土台を建てる準備」


【2014年4月8日 8:07 AM更新】


かぶせ物(クラウン)の土台が外れないように
しっかりと歯に接着するのは、患者さんには気づきづらい
大切なステップです。
土台が外れてしまったら、せっかく歯の治療が
終わっても、また再治療になってしまったり
運が悪いと歯の根っこが割れてしまうリスクもあるからです。
松田歯科医院で歯の治療を行う際には
土台を歯の根っこにしっかりと接着するために
性能の高い接着性レジンセメントを吟味して
マニュアルを整備し確実に手順を進めています。
niigata_ whitening_maxcem.jpg
松田歯科医院でのコア(土台)Set術式(マックスセムエリートの場合)
1.コア試適
2.オプチボンドオールインワン塗布(40秒間)
3.エアー乾燥
4.ブローチ綿栓で拭き取り
5.窩洞内にセメントを注入
6.コア圧接
7.余剰セメントをブラシで除去
8.硬化(4分間)
土台が外れる原因の一つに根っこ中の水分がありますが、オプチボンドオールインワンにはアセトンが含まれており、水分と入れ変わった後に揮発するので接着力が高いのです。
松田歯科医院
niigata_ whitening_Kerr_maxcem.jpg







前へ:
次へ:


西区 歯医者 歯科医】の関連記事




ブログ記事メニュー


アーカイブ



TEL:025-234-1112