歯ぎしりをするけど、白い前歯に治したい(松田歯科医院|新潟市西区小針|歯のクリーニング)


【2014年3月16日 10:46 PM更新】


右上2番のかぶせ物が変色したため再治療を希望されて、新潟市中央区から来院されたHさんです。
niigata_whitening_hane1.jpg
右上の糸切り歯~左上の糸切り歯まで6本の歯にメタルボンドが装着されていますが、治療後10年以上経過して歯茎が下がり金属が露出して歯茎との境目が黒くなってきています。
特に黒ずみが目立つ右上2番をオールセラミック・クラウンで再治療することになりました。
niigata_whitening_hane5.jpg
歯科技工士さんに歯の色・形態等の情報をお送りしてイボクラール社のe.maxプレスでオールセラミック・クラウンを作製していただきました。
niigata_whitening_hane2.jpg
隣のメタルボンドに比べて、歯茎との境目が自然に仕上がっています。
装着にはイボクラール社のマルチリンク・オートミックスを使用しました。
Hさんにも十分にご満足いただけたので、左右の1番、左上2,3番の計4本もオールセラミックで再治療することになりました。
niigata_whitening_hane3.jpg
Hさんの下顎の歯は磨り減りが進んでおり、歯軋り等で前歯に強く力がかかっていることが懸念されました。
特に強い力のかかる1番と3番には強度の高い美麗ジルコニアを使用し、左上2番には右上2番と同様にe.maxプレスを用いました。
niigata_whitening_hane4.jpg
Hさんは左右の1番を現状よりやや小さめにすることを希望されましたので、形態を工夫して作製してもらいました。
オールセラミックの中でも、e.maxプレスと美麗ジルコニアという種類の異なる素材を用いていますが、歯科技工士さんの技術が高いので自然な見た目に仕上がっています。
【治療期間】3ヶ月 【治療回数】8回 【費用】506000円
《美麗ジルコニア》のご説明
◎治療内容
「白い金属」と呼ばれる丈夫なジルコニアに歯に近い色のセラミックを焼き付けて、自然な見た目のかぶせものを作ります。
コンピュータ上で設計したとおりに専用の機械で削りだしますので、高い精度で安定しています。
型取りが必要なので、通院は二回以上かかります。
◎費用
一歯につき110000円です。
◎副作用
金属は使用しないので、アレルギー等の報告は確認されていません。
◎リスク
極度の衝撃で割れることがあります。
《e.maxプレス》のご説明
◎治療内容:金属を使用せずにセラミックのみで詰め物や被せ物を作ります。
型取りが必要になります。
◎費用:1歯につき880000円となります。
◎副作用:人体にはほぼ無害です。
◎リスク:強い衝撃で欠けることがあります。
新潟市西区の『松田歯科医院』
〒950-2022
新潟県新潟市西区小針
7丁目5−13
日本
025-234-1112







前へ:
次へ:


新潟市西区 歯科医院】の関連記事




ブログ記事メニュー


アーカイブ



TEL:025-234-1112